なにもないへやですがごゆっくりどうぞ

独学フリーランスエンジニアの勉強部屋

ブログ運営報告

【ブログ運営報告】立ち上げ1か月目の2019年3月はこんな感じだ!

更新日:

ども!
ryota@i2AAです!

このブログを立ち上げてから気づけば1か月経ってました!
よくブロガーさんがきりのいいところでブログ運営の報告をされているので、
僕もパクってみようと思った次第であります。

2月27日に立ち上げてさくっとプロフィールを書いて、
3月にぼちぼちと記事を更新してきました。

記事数とかPV数とかどんな感じで推移してきたのかな?

ってことをまとめてみたいと思います!

 

3月実績まとめ

記事数

17記事

アクセス数

ユーザー 72
ページビュー 257

平均セッション時間

2分39秒

直帰率

60.19%

 

はい!こんな感じの、なんともいえない数字を並べてみました!笑

 

この数字がどんなものなのか、正直よくわかってません!

 

きっとガチでブログ更新してる人から見たらめっちゃしょぼいんでしょうねー!笑

 

でも
「1か月で72人の人が257回も記事を見てくれた」
って現実世界で考えたらすごいな、っていつも思うんですよねー。

だって、72人にリアルアプローチをしようと思ったら結構大変じゃないですか?

よっぽどフットワーク軽い人か、ナンパ好きな人か、人気があって向こうからアプローチしてきてくれる人か…

じゃないと難しいと思うんですよね。

それが、自分の思ってることをただWeb上にアップするだけで、
それだけの人に見てもらえる。

いやー、改めてブログのおもろさを実感してます。

おもしろい記事を書いたらもっと見てくれる人が増えるでしょうし、
滞在時間とか他の記事も見る機会とかも増えてくるでしょうねー。

今のところこのブログで安定収入を得る!みたいなガチガチの方針は考えてなくて、
ゆるく楽しく思ったことや経験したことをまとめていく、
そんな雑記ブログとして続けていけたらな、
と思ってます。

もし記事を更新するうちに、
もっと深堀りしたいテーマが出てきたら、
そのテーマを中心にした専門ブログを立ち上げる予定です。

でも今のところは
・プログラミング
・フリーランス
・海外の大学院留学
・英語
・ビジネス
・考えていること
・データサイエンティスト
と書きたいことが多すぎるので、いったんひとまとめにしてます。

まぁこれが僕らしいっちゃ僕らしいので、
引き続き楽しんで更新していきます。

 

ちょっとだけ真面目に「価値提供」について考えてみた

で、ちょっと仕事よりの話になるんですけど、

「稼ぎたいなら価値提供をしろ!」

ってよく言われるじゃないですか。

稼ぐとは、みたいなビジネス論っていろいろ出回ってますし、
有名な人がそれっぽいことを言ってるとみんなそれに従ってみたくなるでしょうし、
その結果自分も稼げるようになりたいな、っていう思いはあると思うんですよね。

で、最近思っているのが、

「本当に価値提供をしないと稼げないのか?」

ってことなんです。

もちろん、誰かが求めていることに対してサービスを提供すれば、
それが価値になって稼げるんですよね。

価値って数式に表すと

提供するもの - 相手の期待値 = 価値

になります。

つまり相手の期待値を超えたものを提供することで、
価値が生まれ、その対価として対価を得る(つまり稼ぐ)ことができる、
ということですよね。

 

軸足をどこに置くかを決める

で、価値提供をしないと稼げないのか?を検証するうえで考えたいのが、

「相手の期待値ありき」なのか、
「提供するものありき」なのか、
ということです。

多くの成功者、うまくいっている人、マーケティングに精通している人は、
必ずと言っていいほど、

「相手の期待値ありき」

で考えています。

それをもとに価値提供すれば、
ビジネスって簡単ですよー
とさえ言われています。

もちろんそれができるのであればやるに越したことはないと思うんですけど、
それだとなぜか続かないんですよね。

それは、相手に軸足があるから、だと僕は思っています。

だから時代、市場、相手の感情、事情、その他の制約条件に振り回されることが多くなります。

僕はどっちかというと振り回されたくない頑固ものなので、
そっちに軸足を置くのはちょっとしんどいです。

せっかくうまくいったとしても、
しんどくなって投げ出したくなってしまいます笑

であれば、しっかりと続けることが自分のためにも相手のためにもなると思うので、
「すぐ稼げる方」
ではなく
「長く続けられる方」
を選択するため、

「相手の期待値ありき」ではなくて
「提供するものありき」で生きていこうと思ってます。

 

デザインとアートの違い

これはビジネスマンというよりは、
どちらかというと職人やアーティストに近いなじゃないかな、
と勝手に思ってます。

僕は前職で、デザイン会社のプランナーをやっていたんですが、
アート感覚でデザインをしているデザイナーが多いな、
ってことに気づいたんですよね。

アートとデザインって全然違う。

僕は専門家ではないんですけど、
わかりやすく例えるとこんな感じかな、と思ってます。

アートは、100人中1人に魅力が伝わり、
1人あたり80万円分の価値が生まれること。

デザインは、100人中80人に魅力が伝わり、
1人あたり1万円分の価値が生まれること。

どちらも合計は80万円ですが、
そこにいたるまでのアプローチが違います。

アートは発信者ありきです。
ニーズに応えようとは考えません。
もちろん多少の歩み寄りはありますが、
その歩幅はとても小さいです。
なので多くの人は価値を感じにくくて、
もちろんそこに対価は支払われません。
でもなかにはめちゃくちゃ価値を感じる人がいて、
心が大きく動かされ、いくらお金を出してもいいからそれを得たいと考える人が出てきます。
なので基本的にアーティストの作品には高値がつきます。

反対に、デザインは相手ありきです。
ニーズにいかに応えられるか、
むしろそれを超えることができるか、
が軸になります。
自分がやりたいかどうかはどちらかというと二の次です。
相手の期待に応えられるのであればやりたいことを掛け合わせることでやりがいは生まれますが、
基本的に軸はこちらにありません。
その結果、多くの共感を呼び、うわさが広まり、
多くの人から支持されるようになればデザインとして成功です。
1点もの、1回限りといった希少性があれば高値になりますが、
基本的には広く一般に流通されるものなので、
1つあたりの単価はアートと比べると安くなりやすいです。

これが僕の思っているアートとデザインの例であり、
多くのビジネスはデザイン思考で成り立っていますが、
人としての存在はアート思考で成り立つんじゃないかな、
と思ってます。

で、今まではビジネスが人生の中心軸であり、
相手のことを考えていると人生がうまく回っていきましたが、
その回転軸が「個人」に移動している現代においては
一人ひとりの考え方も「アート思考」に軸を移動させた方が
社会全体がうまく回るんじゃないかな、
と思っているわけなんです。

これは自己中心的になれ、とオススメしているわけじゃなくて、
あくまでも「軸をどこに置くのか」ということであり、
そのうえで社会性を伴った行動というのは大切になってきます。

 

ま、要するにゆるく長く続けていきましょ、ってこと

自分が表現したいこと、伝えたいことを発信し、
それが社会の課題に対してどんな解決策になるのか、
ってことを考えながら動いていけば、
きっとどっかのタイミングでビジネスとして成立する
(運営するだけの対価を得ることができる)
と考えてます。

なので専門性のあるブログ(価値を提供しようとするスタンス)ではなくて
ただの雑記ブログ(自分が書きたいから書くけどどっかの誰かにとっては突き刺さるブログ)を目指したいな、
と考えてるのであります。

とまぁだいぶ長くなってしまったんですけど、
こんな調子で更新していきますので、
もしよかったら引き続きお付き合いくださいませー!

それでは4月も楽しくやっていきましょう^^

-ブログ運営報告

Copyright© 独学フリーランスエンジニアの勉強部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.