なにもないへやですがごゆっくりどうぞ

独学フリーランスエンジニアの勉強部屋

大学院留学 思考

外国人と英語でコミュニケーションを取っていて気づいたこと…

投稿日:

ども!
ryota@i2AAです!

最近、海外の大学院留学に向けて英語の勉強を続けているんですが、
今まで学校で習っていたような勉強方法だけじゃ会話なんてできない!ってことは多くの人が自覚していることかなーと思います。

でも、英会話学校に通うのは時間もお金もかかるし…
外国人が集まるようなパーティに参加して友達をつくる勇気もないし…

ということで、会話をすることについてどうやって勉強しようかいろいろと試行錯誤してたんです。

 

 

「言語交換」をしてみよう

で、いろいろと検索してみると、どうやら「言語交換」という考え方があるそうです。

言語交換とは、
例えば日本語ネイティブの僕が日本語を教える代わりに、
英語ネイティブの人から英語を教えてもらう、
という考え方です。

ネイティブとして話している言語と、勉強したい言語を交換しあう、ということですね。

英会話だと、英会話の先生は別にこちらから日本語を学びたいわけではないので、
交換するものは「英語とお金」になるわけです。

でも言語交換だと、相手は日本語を学びたい、こちらは英語を学びたい、というわけなので、
交換するものは「英語と日本語」になるわけです。

物々交換の言語版、といったイメージですね。

僕はその考え方を知ったときに「会話を習得するならこれしかない!」と思い立ち、
まずは言語交換がスムーズにできるアプリをダウンロードして使うことにいました。

 

 

「tandem」ってアプリがめっちゃいい!

僕が使っているのは「tandem」というアプリなんですが、登録してプロフィールを充実させると、
色んな外国人と交流することができます。

メインはチャットで、文章やボイスメッセージを送ったりできますし、
翻訳機能やビデオチャットなんかもあります。

僕は

ネイティブ言語:日本語
学びたい言語:英語

とプロフィールに記載しており、それを見た

ネイティブ言語(もしくは話せる言語):英語
学びたい言語:日本語

という外国人が連絡してくれます。
もちろん、こちらから連絡することもできます。

ただ、予想以上に連絡してくれる人が多くて、
あまり多くの人と同時期にやり取りするのは会話の記憶が薄れて、
質問が重複してしまったり、
やり取りが煩雑になってやめてしまいかねないので、
僕から連絡することは控えてます。

基本的に無料で使用することができるんですが、
有料会員(年間4,000円)にアップグレードすると、
使える機能が増えるとのことなので僕は登録してすぐ有料会員になりました。
(おそらくこれが頻繁に連絡がくる理由のひとつですね)

あと、プロフィールも結構大事で、特に写真ですね。

自分の顔をプロフィール写真に登録しているんですけど、
口元をちょっと変えていて、
キバむき出しの動物の写真をあてがってるんです(イメージできますかね?笑)

まぁ要するに、

「なんやねんこれ、ちょっとおもろいやん!」

って思ってもらったらいいんやと思います。

で、それをきっかけにアプローチしてくれる人が結構多くて、

「あなたのプロフィール写真、おもしろいね!」

みたいなやり取りから始まります。

で、そこからお互いの国のこととか、なぜその言語を学んでいるのかとか、
普段どんなこと(仕事や勉強)をしているのかとか、
会話が続いていくわけです。

 

 

外国人とどんなやり取りをしている?

日本語を使える人はほとんどいないので、
基本的には英語でやり取りしてます。

最初はめっちゃびびってたんですけど、
中学英語レベルで会話って成立します。

それも不安だって人はググりながらで全然問題ないです。

で、間違ったら指摘してくれます。
指摘してほしいかどうかもプロフィールで設定したり、
会話中に伝えたりできます。

こんな感じで外国人とのやり取りを増やしていたら、
アプリをダウンロードしてたったの1週間で、

アメリカ(6人)
中国(4人)
メキシコ(3人)
インドネシア(2人)
フィリピン(2人)
スペイン(1人)
ブラジル(1人)
セルビア(1人)
ロシア(1人)
イラン(1人)
フランス(1人)
イタリア(1人)
インド(1人)

の合計25人の外国人とやり取りしました。

…結構多くないですか?笑

1日あたり3~4人からはじめましての挨拶がくるんです。

いやー、世界は広い笑

でも何度かやり取りしてなんとなーく連絡が途絶える人もいれば、
毎日のようにやり取りする人もいます。

ちなみに、今のところ毎日(もしくはほぼ毎日)やり取りをしているのは
アメリカ(3人)、 中国(1人)、セルビア(1人)、ブラジル(1人)
ってとこですかね。

なんか海外の友達が一気に6人増えるなんてはじめての経験なんですが、
あまりにもやり取りが多すぎてもう慣れてしまいました笑

 

 

外国人とのコミュニケーションを通じて気づいたこと

…で、ここまで書いててあれなんですけど、
今回言いたいのは
「言語交換しましょうね!」
「このアプリ、いいよ!」
ってことじゃなくて、今から本題なんです笑
(前振りが長くてすいません笑)

仲良くなった人のうちの1人にセルビア人の女の子がいて、
実は家が近いことが判明したんですね笑

で、よかったら今度ご飯いきましょーっていう流れになって、
なんと昨日(3月28日)に行ってきました!

難波にあるめっちゃおいしい焼き鳥屋さんで3時間過ごしたんですけど、
その子は日本語を話すことができないので、
僕は中学英語でひたすら単語と簡単な文法を駆使して乗り切りました笑

で、その子と英語で会話をする中で気づいたことであり、
今回の記事で一番伝えたいことなんですけど、

「日本人は”どうやって英語を話すか”に意識が向きすぎじゃないか」
「本当に大切なことは”英語で何を話すか”じゃないか」

ということなんです。

というのも、英語ってあくまでも言語であり、言語はコミュニケーションツールのひとつですよね。

で、コミュニケーションの本質は

伝えたいことを伝えること、
相手が伝えたいと思ってることを理解すること、

だと思うんですけど、
そもそもこの「伝えたいこと」「理解すること」ができないと、
英語であろうが日本語であろうが、
コミュニケーションは成立しないわけです。

で、海外の人って、めっちゃ質問してきます。

今まで自分が考えたことがないようなことをバンバン質問してきますし、
結構パーソナリティーなこともやや深めにつっこんできます。

日本人やったらそこまで聞いてこーへんやろな、ってことも踏み込んできます。

まさに土足で部屋に入られてる気分です笑

もちろんそれに対して

「僕は答えたくない」

って言うこともできますし、
すんなり答えてもいいんです。

僕は割と全部答えてますが、人によってその辺は差があると思います。

で、その質問に答えようとするとき、
まだ英語力がそんなに高くないので、
ひとまず日本語で考えるクセがまだあるんですよね。

でも、質問の意味は理解できても、
何て返事したらいいのかわからないことが結構あるんです。

僕は普段から「考えること」が好きで、
周りの友達と比べてダントツにやってるつもりですし、
彼らからもそう言われることが多いんですけど、
範囲が狭いというか、やっぱり偏ってしまうんですよね。

だから、

「なんで英語を勉強してるの?」
「いつから勉強してるの?」
「どれぐらい話せるの?」
「私の国についてどう思う?」
「西洋の女性に対してどんなステレオタイプをもってる?」
「あなたは典型的な日本人ですか?」
「あなたが自分の中で一番好きな特徴はなんですか?」
「多くの人がこう考えていると思うけどそれに対してあなたはどう思いますか?」

みたいな、もう、面接かい!って突っ込みたくなるようなことが頻繁におきます笑

もちろん興味を持って質問してくれているんでしょうけど、
そんなこと考えたことないな~っていう質問に対しては脳みそがフル回転しますし、
それがずっと続いたり他の人からも聞かれたりするので、
結構体力使います笑

でもこれが海外の人とコミュニケーションをすることなのかな、って考えたときに、
今までは

「英単語をもっと覚えよう!」
「ネイティブが使う言い回しを習得しよう!
「発音をきれいにしよう!」

ってことばかり、つまり

「どう伝えるか」

ってことばかりに意識が向いていたのですが、これからは

「何を伝えるか」

ってことも意識してレベルを高めていきたい、と思ったわけであります。

もちろんこれらは単独で存在するのではなく、
両輪としてうまく回っていくものやと思うので、
同時にやっていきたいですね。

ということで、海外の大学院留学に向けて英語を勉強する過程で、
海外の人から学んだこと、気づいたことを書いてみまいた!

あなたの学習の助けになれば嬉しいです!

-大学院留学, 思考

Copyright© 独学フリーランスエンジニアの勉強部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.